はるちさんの備忘録

映画好きのマイペース人間による備忘録

【映画感想】「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」:ひねりがないストーリー展開

作品概要

プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」
(日本/1時間52分)
劇場公開日: 2018.03.03
ジャンル: 青春
配給: アニプレックス

両親が離婚し、母親の再婚相手とはウマが合わない住友糸真。入学したばかりの女子校ではつまらないことで友達からハブられてしまい、自分の居場所が見つからない糸真は、実の父親を頼って東京から北海道への引っ越しを決意する。転校先の札幌の学校で糸真を待っていたのは、まったくタイプが真逆の2人のモテ男子、舘林弦と桜井和央だった。女子たちの間では「弦と和央はみんなのもの」というルールがある中、糸真と弦、和央との距離が縮まっていく。両親の離婚もあり恋愛には興味がなくなっていたにもかかわらず、恋に落ちそうな糸真だったが……。


引用: 映画.com「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」紹介ページ

感想(※ボヤキあり)


青春ラブストーリーとアイドル映画の「あるある」を全部詰め込みました感が見え見え。ひねりがないストーリー展開で、あまり面白くなかった。


主人公やその周りにいる登場人物たちの気持ちや行動に、終始イライラしていた。主人公は自分のことしか考えていなくて、気持ちがフラフラしている。なにが「主役になりたい」だ。また、他の登場人物たちも、主人公と同じように、自分のことしか考えていなくて、まるで主人公のことを透明人間として扱っているように見えた。あるいは主人公を踏み台にしているかのよう。気になる点が多くありすぎて、感情移入すらできなかった。


唯一良い点を挙げるとするならば、北海道の夜景がキレイだったことくらいかな。久々に、手に取ったことを後悔した作品に出会ってしまった。